第5話-① 「ツタ(蔦)に絡まるエピソード」

「蔦のからまる チャペルで 祈りをささげた日~」
どこかで聞いた事がある歌詞・・・そう、ペギー葉山さんが歌う「学生時代」

さて、このチャペルはどこでしょう?

具体的にはペギーさん本人が通われた「青山学院青山キャンパスにあるチャールズ・オスカー・ミラー記念礼拝堂」と言われています。

今回は、学生時代に出てくるツタ(蔦)に絡まるエピソードを紹介します。

さて、「アイビーリーグ」って知っていますか?

ハーバード、イエール、ペンシルバニア、ブリンストン、コロンビア、ブラウン、ダートマス、コーネルの8大学。

アメリカのフットボールすなわち、アメフトのリーグ戦を指しています。

もともとは「レギュラーによるリーグ戦」→「INTER-VARSITY」→「I-V-Y」という呼称で開催されていましたが、このスペルを「IVY」と簡略化して報道していまい、IVY=ツタ=アイビーリーグになったと言われています。

「蔦のからまるチャペルで・・・」
経緯はどうであれ、紺色の蔦が絡まりながら覆い茂っていく様子から、花言葉は「永遠の友情」「死んでも離れない」

結束の固さを表現した花言葉になったんですね。