第1話-② 「生命の木ってな~に?」

聖書の中で「エデンの園」では、色彩豊かな花が咲き乱れ、泉のほとりでは小鳥がさえずり廻っています。

神はエデンの園を作り、管理人としてアダムを置きました。
エデンの園には、多くの果物をつける気が生えていましたが、その中央に「生命の木」と「善悪を知る木」が植えられていました。

神に近い形で造られた最初の人間とされる「アダムとイヴ」は、楽しそうに語らいながら、園の中を散歩しています。

悪魔であった蛇は、イヴをそそのかし「善悪を知る木」から果実を食べてしまいます。

お互いに裸であることを知ったアダムとイヴは「恥ずかしい」という知識を知り、イチジクの葉で体を隠します。

「時すでに遅し!」

事実を知った神は、アダムとイヴが「命の木」の実も食べてしまうことを恐れ、エデンの園から追放してしまいます。