第15話-② 「リンゴに関するエピソード」

神話ではなくアニメ映画でも、りんごは主演女優賞級の大活躍!

白雪姫と毒林檎(ディズニー映画)

白雪姫は、父が亡くなった後、魔法の力を持つ継母の女王と暮らします。女王は自己顕示欲が強く、世界で一番美しいのは自分だと信じており、いつも魔法の鏡で確認しています。
魔法の鏡から白雪姫が女王より美しくなったことを知らされ超嫉妬!

女王は狩人に白雪姫を殺害を依頼し、その証拠として白雪姫の心臓を持ってくるように要求します。しかし、狩人は白雪姫を殺害せず逃がしてしまいます。そして白雪姫は7人の小人と楽しく暮らすことになりました。

女王はいつものように魔法の鏡に尋ねると、なんと白雪姫が生きていることがわかり、またまた激怒!女王自らおばあさんに変身し、有名な毒林檎を作ります。おばあさんの姿で白雪姫に会った女王は、リンゴを食べさせ、白雪姫は倒れてしまいます。

小人に追い詰められた女王は、ついに谷へ落ちてしまします。そして森を訪れた王子が、白雪姫に目覚めのキスをして深い眠りから覚めます。

西城秀樹とカレーライス
★「リンゴとハチミツ、とろ~り溶けてる、ハウスバーモントカレー」

野口五郎と青りんご
★「青いリンゴを抱きしめても~思い出さえ帰らない~」

どうしても郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹の御三家を登場させたかった!スミマセン余談でした。

現在、リンゴの種類は、人為的品種の交配以外に自然交配もあります。もともとは、リンゴは「アペル」と呼ばれていましたが、今では「アップル」。

ニュートンとリンゴ

アイザック・ニュートンは、自分の庭先にあったリンゴの木からリンゴが落ちるのを見て「万有引力の法則」を発見しました。
「リンゴが木から落ちるように、なぜ月は地球に落ちてこないのだろう」
「あらゆる物には、互いに引き合う力があるのではないか」
「つまり、月が地球を回る遠心力と引力が釣り合っているから、月は落ちてこないのだ」
ニュートンが発見した万有引力の法則は、リンゴが木から落ちてヒントを与えたのかもしれませんが、ニュートンから直接聞いたわけではなく、姪っ子が聞いた話のようです。